上野の東京都美術館で開催中の

「コートールド美術館展 魅惑の印象派」

に行って来ました。




コートールド美術館はイギリスのロンドンにあり、10年程前に一度訪れたことのある思い出の美術館なんです。

今回は私の好きな印象派・ポスト印象派の作品が中心との事だったので、混雑覚悟で出かけました。

行ってみると、思ったよりも人が少なくて、イヤホンガイドを聞きながら、のんびり鑑賞することが出来ました。
平日の午後だからかなぁ?ラッキー!


今回の展示はゴッホ、セザンヌ、マネ、ゴーガン、ピサロ、モネ、ルノワール、ドガ、モディリアニ、ロートレック、シスレー、ロダンなどなど、 ほとんどイギリスを出ることの少ないコートールド美術館の主要な作品です。

会場にあった「ご挨拶」を読んでみると、現在ロンドンのコートールド美術館が大規模修繕工事中とのことで、こんなにたくさん名作が来日出来たようです。


ドガの「舞台上の二人の踊り子」、セザンヌ《カード遊びをする人々》など教科書にも出てきたような巨匠たちの代表作がずらりと並んでいて、時間を忘れて見入ってしまいました。




ここは写真撮影エリア。中央の絵はルノワールの「桟敷席」


「コートールド美術館展 魅惑の印象派」は12月15日まで開催されていますので、興味のある方は是非訪れてみてください。


明日10月11日からは上野の森美術館で「ゴッホ展」


10月19日からは国立西洋美術館で「ハプスブルク展」も始まるようです。


また上野に来なくちゃ〜〜

mayu

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

La carafa ホームページ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM