ウィーンから特急列車で約2時間半のところにあるザルツブルクへ日帰り旅行に行ってきました。


ザルツブルクとはドイツ語で「塩の城」という意味で、多くの岩塩がとれたザルツブルクは、塩の貿易で繁栄したそうです。
ザルツブルクもウィーン在住の友人に同行してもらったので安心して楽しく観光するのことが出来ました。




サウンドオブミュージックの舞台になったことでも有名なミラベル宮殿

綺麗に手入れされたお庭のずっと先にはホーエンザルツブルグ城塞



モーツァルトの生家

観光名所だけあって建物の前には大勢の人に賑わっていました


お昼はなんと創業803年でヨーロッパ最古のレストランへ立ち寄りました。
修道院レストランとしても有名な ザンクト・ペーター・シュテフツケラー





お魚のプレートと、ウィンナーシュニッツェル。

ドルチェはザルツブルクの名物『ザルツブルガーノッケルン』
ザルツブルクの3つの山をイメージして、メレンゲを焼いたふんわりとしたお菓子です。


とてもふんわりしていて、口の中に入れるとすーっと溶けてなくなってしまいます。
最初の一口は美味しいけど、私には甘過ぎ、、



そして、旧市街の先にずっと見えていたホーエンザルツブルク城塞へはケーブルカーで登ることが出来ました。



上からは旧市街とザルツァッハ川の美しい風景が一望でき、とても素敵でした。


ここにもモーツァルトの像


肉の燻製やクッキー、チーズなどが路面で売られています。


“Salz”塩の専門店。
看板がお洒落でしょ。

つづく

mayu

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

La carafa ホームページ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM